日本発の微細気泡技術ファインバブルは
水だけの力を使った洗浄力に優れた技術です。
「ミラブル」は他社よりもさらに小さな気泡である
「ウルトラファインバブル」を大量に発生することが
可能です。
「5年延長保証」付

田島神社

三女神を祀り、商売、海上交通の守護神として広く知られている。神社内には佐用姫神社、元冠の礎石、太閤石などがある。
三女神

多紀理毘賣尊

(タギリヒメミコト)
市杵島比賣尊
(イチキシマヒメミコト)
多岐津比賣尊
(タキツヒメミコト)

この三女神は天照大御神(アマテラスオオミカミ)が生み出したものの、須佐之男命(スサノオノミコト)の持ち物である十拳剣(とつかつるぎ)から生まれた事から、この三女神は須佐之男命の娘にあたるということだそうです。



佐用姫神社

田島神社の末社で日本三代伝説のひとつ、松浦佐用姫が夫との別れを悲しんで石になったといわれる望夫石が祀られている。


佐用姫伝説
遠い昔のこと、松浦の藤原村の長者の娘 佐用姫と、朝鮮半島に渡る宣化天皇の命を受けて松浦にやってきた大伴狭手彦が恋に落ちた。しかし、狭手彦は朝鮮半島に渡る身。幸せは長くは続かなかった。やがて船出のとき、佐用姫は鏡山(唐津市)から領巾がちぎれんばかりに振りつづけ、やがて船を追って加部島にたどり着き、やがて泣き伏したまま石になったという伝説。この石を望夫石といって佐用姫神社に祀ってある。

太閤石
豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、必勝を祈願した後、槍を突き立てると、その気迫に大岩も割れたと伝えられる巨石。
この周辺は、暖地性植物群落といって佐賀県の天然記念物に指定されています。